logo-TIFFCOM2012

logo-9thTIFFCOM

ph-top

Newsletter

TIFFCOM News vol.19

■   TIFFCOMの開催を記念して、お台場が緑に染まります!   ■
------------------------------------------------------------------

2012年、今年はTIFFCOMが六本木からお台場に移転して初めての開催となる
記念すべき年となります。TIFFCOMの移転を記念して、東京ゲートブリッジと
東京ビッグサイトが、TIFFCOM及び東京国際映画祭のイメージカラーである
グリーンにライトアップされることが決定しました!

2012年2月12日に開通したばかりの新しい橋「東京ゲートブリッジ」と、
東京・有明にある日本最大のコンベンションセンター「東京ビッグサイト」。
お台場地区を代表する2つの建造物が、TIFFCOMの開催を祝福してくれます。

10月20日(土)から10月28日(日)の間、東京ゲートブリッジは日没から
深夜0時まで、東京ビッグサイトは日没から22時まで、それぞれ美しい
緑色に染まります。
お台場地区のホテルに宿泊される方、夜のお台場散歩を楽しむついでに
緑色に染まった東京ゲートブリッジと東京ビッグサイトを見に行って
みてはいかがでしょう?


------------------------------------------------------------------
■   「スペイン・ラテンアメリカにおける邦画の状況」を語る   ■
■         パネルディスカッション実施!         ■
------------------------------------------------------------------

国内外の様々なコンテンツに出会えるコンテンツ・マーケットTIFFCOM2012。
会期中にはコンテンツビジネスの最前線を知ることができるセミナーを、
数多く実施しています。

今回は10月23日(火)に行われるセミナーパネルディスカッション
「スペイン・ラテンアメリカにおける邦画の状況」をご紹介します。

日本にいてはなかなか見えてこないスペイン語圏の映画業界の現状や
その中における日本映画の状況。これから先、日本映画がスペイン語圏の
映画祭で上映されるため、また劇場公開するために取るべき有効なアプ
ローチや戦略とは?今まであまり語られることのなかったスペイン語圏
での日本映画の可能性を探るパネルディスカッションです。

紹介URL:http://www.tiffcom.jp/2012/jp/cms/2012/10/post-1.html

パネルディスカッション「スペイン・ラテンアメリカにおける邦画の状況」
日時:10月23日(火)13:30~14:30
場所:TIFFCOM イベントスペース

パネラー
・ホセ・アンブロス・ヘルナンデス氏
 (キューバ映画芸術産業庁 インターナショナル・セールス)
・パブロ・コンデ氏
 (マル・デル・プラタ国際映画祭 プログラマー)
・ホセ・ルイス・レボルディノス氏
 (サン・セバスチャン国際映画祭 ディレクター)

モデレーター
・比嘉セツ氏(有限会社アクション 代表取締役)
 Action Inc.代表。日本におけるスペイン・ラテンアメリカ映画の配給、
 宣伝、日本の独立系映画作品の海外へのPRをてがける。
 日本での劇場公開作品として、キューバ映画『永遠のハバナ』を初め、
 2012年9/15から公開中のアルゼンチン映画『ル・コルビュジエの家』
 などがある。

当日のディスカッションはスペイン語で行われ、逐次通訳で日本語訳がつきます。

参加をご希望される方は10月18日(木)17時までに件名に「ラテンセミナ―」と
お書きの上、名前、所属、E-mailアドレスを明記し、guest@tiff-jp.net まで
お申し込みください。TIFF及びTIFFCOMパスをお持ちでない方はその旨の明記も
お願いいたします。折り返しセミナー会場にご入場頂けるご招待状をお送り
いたします。パスをお持ちの方は会場へ直接お越しください。

問合せ:TEL 03-3553-4793 東京国際映画祭事務局 コミュニケーション広報
担当:征矢(ソヤ)・福原


------------------------------------------------------------------
■   日本映画の海外展開の現状、とこれからの課題を語る     ■
■   JETROセミナー「日本映画の海外進出~輸出とリメイク~」   ■
------------------------------------------------------------------

TIFFCOM2012で行われているセミナーをもうひとつご紹介します。

JETRO(日本貿易振興機構)が米国とロシアの海外バイヤーを講師にむかえ、
開催するJETROセミナー「日本映画の海外進出~輸出とリメイク~」。


映画の海外展開の方法としては、主に二つの方法があります。
一つは、出来上がった作品をそのまま海外に輸出・現地の配給会社から配給
する方法、 もう一つはストーリーや文化的背景等を活かし海外向けに作品を
作り直す方法。

今回は、藤村哲也氏をモデレーターに迎え、米国とロシアの配給会社および
米国のプロデューサーにそれぞれの知見から、日本映画の海外展開の現状、
課題、アドバイスなどを語ってもらいます。

紹介URL:http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20120921924-event

JETROセミナー「日本映画の海外進出~輸出とリメイク~」
日時:10月23日(火)15:30~17:00
場所:TIFFCOM イベントスペース

 

その他にも魅力的なイベント、セミナーが開催されていますので、
ぜひご参加ください。


http://www.tiffcom.jp/2012/jp/event.html


------------------------------------------------------------------
■         IDバッジの受け渡しに関して         ■
------------------------------------------------------------------

いよいよ来週、10月23日よりTIFFCOM2012が開催されます。TIFFCOM2012に
ご来場いただくには、IDバッジが必要となります。

IDバッジは、9月2日までに写真登録までお済ませいただいた日本国内の
企業の皆様には、郵送で配布させていただいております。
(バイヤー、来場、セラー、プレス)
9月2日までに登録された方で、バッジが届いていないと思われる方は、
郵送物のご確認をお願いいたします。

9月2日以降、10月5日までに写真登録をお済ませいただいた日本国内外の
登録者の皆様は、当日レジストレーションにてIDバッジをお引き取りいただ
く形となります。IDパスが事前に届いていない登録者の方は、TIFFCOM会場に
いらした際にレジストレーションをお訪ねください。

顔写真を事前登録いただいていない登録者の方は、当日、レジストレーション
にて顔写真を撮影し、IDバッジを現場で作成することになります。(IDバッジ
発行までにお時間がかかる場合がございますので、余裕をもってご来場ください)


※IDバッジを受け取られた方は。IDバッジがなければ入場できませんので、
必ずバッジをご持参くださるようにお願いします。


<※出展者の方>
出展メンバーの皆様のIDバッジをまとめてご担当者様に送付致します。
(締切までに登録された方のみ)


------------------------------------------------------------------
■       ID上映予約ページ、オープンしました!       ■
------------------------------------------------------------------

東京国際映画祭のプレス・業界関係者向け上映(ID上映)をご予約いただく
ことができるID上映予約ページがオープンしました。

ID上映予約: https://www.tiff-jp.net/gtc/


予約は各作品上映3日前の午前7時から、上映日当日の上映開始30分前まで
上記のURLにて行えます。

TIFFCOM2012登録者の皆様は、以前メールにてご案内したログインIDにて
ログインの上、予約をお願いします。

※鑑賞には予約が必要です。
※ID上映の会場は、東京国際映画祭のメイン会場であるTOHOシネマズ 六本木
 ヒルズの各スクリーンになりますので、ご注意ください。
※ID上映鑑賞の際には、必ずTIFFCOMのIDバッジをご持参ください。


東京国際映画祭に出品された世界各国の作品をご覧いただけるこの機会、
ぜひ皆様のビジネスにお役立てください!

ID上映予約について:
http://www.tiffcom.jp/2012/jp/cms/2012/10/id.html

ID上映作品一覧はこちらから:
http://www.tiffcom.jp/2012/pdf/IDscreenings_JA.pdf

東京国際映画祭の情報はこちらから:
http://2012.tiff-jp.net/


------------------------------------------------------------------
■ 海外からのご来場のお客様のために、空港カウンターをご用意! ■
------------------------------------------------------------------

TIFFCOMでは、10月22日 11時~19時の間、成田空港ターミナル1、成田空港
ターミナル2、羽田空港の各到着ロビーにTIFFCOM特設カウンターをご用意
して、海外からのゲストをお待ちしております。

TIFFCOMのために海外から来日されるゲストの方、到着ロビーでTIFFCOMの
ポスターを見かけたら、ぜひお立ち寄りください。

リムジンバス乗り場へのご案内や、お台場への行き方などをご案内
させていただきます。

皆さまの日本滞在、TIFFCOM来場が快適なものとなるよう、お手伝い
いたします。

成田国際空港 ターミナル 1 (PDF)
http://www.tiffcom.jp/2012/pdf/Narita_T1_COUNTER.pdf

成田国際空港 ターミナル 2 (PDF)
http://www.tiffcom.jp/2012/pdf/NARITA_T2_COUNTER.pdf

羽田国際空港 国際線ターミナル 2F (PDF)
http://www.tiffcom.jp/2012/pdf/HANEDA_TIFFCOM_COUNTER.pdf


------------------------------------------------------------------
■          プレスセンターのご案内          ■
------------------------------------------------------------------

TIFFCOMでは、ホテル グランパシフィック LE DAIBAの1階(カメリヤ)に
プレスの方にご利用いただけるプレスセンターをご用意しております。

TIFFCOMのIDバッジをお持ちのプレスの方は、こちらでLANやプリンターを
お使いいただけます。ご自身のパソコンやデジタルガジェットの持ち込み
可能ですので、お気軽にお立ち寄りの上、ぜひ記事の配信をお願いいたします!


------------------------------------------------------------------
■        第25回東京国際映画祭出品作品の         ■
■       オンライン視聴サービスを開始します!       ■
------------------------------------------------------------------

TIFFCOMの共催イベントである東京国際映画祭。今年もTIFFCOMと同時期の
10月20日(土)~10月28日(日)、六本木ヒルズにて開催されます。

この東京国際映画祭では、本年より、出品作品の一部において、
Festival Scopeを通じてご自身のパソコンからの視聴となる、VOD配信
サービスを開始いたします。
 
サービス提供開始:11月上旬予定
観賞可能作品:コンペティション出品の日本映画2作品、および、
       日本映画ある視点9作品(作品賞対象作品)

<フェスティバルスコープとは>
フェスティバルスコープは、同社と提携している映画祭の出品作品を観賞
できるビデオオンデマンドサービスです。視聴にはフェスティバルスコープの
登録(有料)、または出品者からの招待が必要になります。
詳しくはフェスティバルスコープのサイトをご覧ください。

フェスティバルスコープ
https://www.festivalscope.com/

 

■■■ Facebook 始めました ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

TIFFCOMの Facebookページを立ち上げました。
こちらでも最新情報を配信していきますので、ぜひともチェックしてください。

■■■■■■■■■■■ http://www.facebook.com/Tiffcom.jp ■■■


*この記事に関する詳細・お問い合わせは公式ウェブサイト www.tiffcom.jp を
ご覧いただくかこちらまでご連絡下さい: info@tiffcom.jp


発行元:TIFFCOM事務局(公益財団法人ユニジャパン内)
〒104-0033 東京都中央区新川1-28-44新川K・Tビル4階

発行日:2012年10月16日

Published by TIFFCOM Organizer's Office
Copyright 2004-2012 TIFFCOM All rights reserved.

to Top Δ